QUALIA-クオリアは、僕が10年間Webビジネスの世界に身を置いてきて学び、実践してきた集客の全てをお伝えする企画になります。

 

人を集めて商品を売る。

 

太古の昔からある商売のキーパーソンである、人と商品を繋ぐ集客さえマスターしてしまえば、あらゆる商品・サービスを提供しても成約に繋げることができるため、

ここ2年間は特にWeb広告のスキルを学び、リスト集客に特化したビジネスに取り組んできました。

 

会社員時代や、Webビジネス始めたての頃よりは遥かに自由にはなったけど、

売上のために手放せなくなってしまった仕事から解放されて、

収益を伸ばしながら真の意味での自由な生活を手に入れたい方はぜひご覧ください。

これは僕が10年間Webビジネスをやっていて思ったことで、

ビジネスを軌道に乗せた所までは時間に対しての売上効率も良く運営できていたのが、

更に収益をあげようとするほど、労力に対しての収益の上がり幅が小さくなり

 

気づけば重いタスクばかり抱え込むようになってしまった…というような、

作業時間や労力に対しての収益の壁に苦しめられるようになりました。

 

恐らくあなたも、軌道に乗ったビジネスをさらに大きくしようとして、

タスクの重さと収益の上がり幅の乖離に頭を抱えた事があるのではないでしょうか。

 

Webビジネスは店舗やリアルビジネスよりは遥かにレバレッジをかけて取り組めるビジネスではありますが、

売上をあげようとすればするほど自分の時間を消費してしまうような労働型のビジネスモデルですと、結局は時間や労力とお金を引き換える、スケールの大きい会社員でしかありません。

 

・自身が主体となる企画やメディア運営は誰かに任せることができない

・それでも売上を下げないために企画を打ち出し続けなければならない

・逼迫するリソースから、追い風の新しいビジネスにも参入できない

 

このままでは新しいビジネスに参入するどころか、僕自身パンクしてしまってクライアントさんに満足いただけるようなサポートができなくなっていくであろう未来が見え、

 

なんとしても将来を変えるべく、2年前、利益の7割を占めていたコンサルやビジネスコミュニティから撤退を決めました。

これ以上売上をあげようとするなら、自分の時間をお金に替えるのではなく、もっとレバレッジをかけられる形にしなければならないと思い、集客の見直しを行いました。

 

×SEO集客…検索エンジンの再三の仕様変更に加えて動画分野の台頭

×SNS集客…自身が発信者になるのはレバレッジが利かない

×YouTube集客…発信者である自分でないと回らない仕組み

 

今まで長らく主力だった集客手段がジワジワと自分の首を絞めていたことに気づき、

 

・自分自身が発信者とならなくても運用できる仕組み

・一定の労力で成果を伸ばしていける仕組み

・市場が大きく、幅広いユーザーに訴求できる分野

 

であることから、Web広告を全力で攻略することを決めました。

 

一度軌道に乗せてしまえば広告費を増やしていくだけで集客ができ、

毎日動画を撮ったり発信内容を考える時間を取られることなく、一定のメンテナンス時間のみで済むWeb広告は、

 

自分の時間を空けながら、レバレッジをかけて売上を伸ばしていくには最適の集客方法でした。

 

それから2年、ひたすらリスト集客に特化した広告戦略を展開し、テストの日々。

 

広告関係のコンサルや講座を受け、自社でもデータを貯めるために広告をとにかく回す。

 

初心者向けのリーズナブルなコンサルやコミュニティから撤退し、時間を空けながら利益を上げる方法を模索し続けた結果、

 

・集客に特化したスキルを学んだことで、起業家の方へ桁がひとつ違う単価でのマーケティングコンサルをさせていただく機会が増えたため、以前よりも労力を抑えながら収益アップ

 

・自由になった時間で事業の見直しを行い、メディア運営などの事業をパートナー契約の形でスタッフにお願いし、手離れさせながら収益を上げるモデルの確立にも成功

 

など、僕を長年悩ませていた集客をWeb広告に一任したところ、自分頼りの綱渡りのビジネスから、スタッフにも任せられるモデルに変えることができ、収益も以前より伸びていく。

 

そんなプラスの連鎖で、身を削り続けるような労働型ビジネスから解放されることができました。

匿名かつ軽い気持ちで意思表現ができるTwitterの性質上、ある程度仕方のない事ではあるのですが

僕のTwitter広告は、アンチコメントの嵐で同業者から心配されるほどに荒れていました。

(全く攻めた表現をしていたわけではありません)

 

とてもそんな広告からは良いお客様に来ていただけるとは思えないでしょうが、

事実として、Twitter広告からは毎月200万円以上の利益が出ていますし、クレームや批判的なお問い合わせも一切なし。

 

表面上は荒れているにも関わらず、です。

 

何故かと言うと、Twitter上で批判をしている人はそもそも登録しませんし、登録したとしてもすぐ解除されるようなファネルを組んでいるため、

クレーム応対や語気の強い言葉に頭を悩ませるようなことはありません。

 

自分のブログやYouTubeなどのメディアから集めたお客様の方が質が高い、というのもまた事実ではありますが、

その視点だけで終わっているのであれば、確実に損をしています。

 

 

流入客のうち、理想の見込み客の割合が

 

自社メディア:30%

広告:10%

 

だったとします。

 

これだけ見れば、自分のメディアからの集客の方が自身が求めるお客様に来ていただけるように見えます。

 

しかし、自分のメディアでの集客はSEO施策や、コツコツと発信して信頼を高める必要など、そう簡単に規模拡大することはできません。

 

一方で広告の場合、費用対効果が釣り合うのであれば、広告費用を増やすだけでそれに比例して流入客の全体数も増えていきます。

 

しかも全体数が多い分、発信をご覧いただく中でファン化する方の数も増えますし、

お客様の母数が増えることで、発信内容に対する反応など、生の声として残る精度の高いデータを得ることもでき、

結果的に、広告を使って集客した方が後々の売上が向上します。

 

ですので、同業者として、発信者としてのブランディングの都合上、ポジショントークもある事を分かっている上で、敢えて言います。

 

自分のメディアでの集客が良い・悪いでも、広告での集客が良い・悪いでもなく、あくまで大事なのはバランスです。

 

経営者として残った利益をどう使うかが大事なわけで、余剰金を経費として消化して資産となるリストに変えていく。

 

その上で理想のお客さんに出会える確率を、お金を使ってコントロールしていく。

 

この考え方を=QUALIA-クオリア=ではお伝えしていきたいと思います。

広告運用を学ぶと、個人の情報発信者には適していない教えを受けることが多々あります。

 

例えば、「1リスト単価(CPA)を安く取る事こそ正義」などです。

 

確かに安い単価で取得することは間違ってはいませんが、僕たちが行う情報発信では絶対正義ではありません。

 

最も優先すべきことは「掛けたお金に対してどれだけ自分が重視している要素に対するリターンがあったか」。

 

加えて、情報発信の場合はリピーターが大切ですので、「どんなお客様が購入者になってくれたのか」です。

 

アフィリエイト案件を広告で販売する場合は費用対効果(ROAS)だけ見れば良いですが、個人の情報発信者の場合は集客・教育・販売を全て自身で行うため、ひとつの指標だけで判断できるほど単純ではありません。

 

CPAだけ見ても、成約率だけ見ても、ROASだけ見てもだめです。

全体的に見なければいけません。

 

そしてさらに厄介なのが、その重要視する指標が発信者のステージ感や、アイデンティティ、QOLによって全く違ってきます。

 

例えば、

 

「お客さんの質なんてどうでもいいからとにかく売上を上げたい」それとは反対的な位置にあるような考え方で「単価が高くなってもいいし、売り上げも最大化しなくてもいいから、自分と価値観の合う人にコンサルを受けてほしい」

 

など、発信者によって全く違う目標があります。

 

 

集客・教育・販売をオールインワンでやっている個人の情報発信者だからこそコントロールが効きやすいため、好きな目標のために広告を使うことが出来ます。

 

 

そのためには、広告からリスト化する段階で、

 

・どの広告から

・どんな年代・性別・属性の人が流入して

・成約率はどのくらいで

・どんな人が商品を買ったのか

 

これらをデータ化する必要があります。

 

これさえしっかり追えるようにしておけば、自分の重要視している要素が「売上」でも「お客さんの質」でも、広告を改善して理想の集客をすることが出来ます。

 

メールアドレス集客でもLINEのリスト集客でも、具体的にどうやって行うかも体系化出来ていますので、講座で提供していきます。

 

・個人の情報発信者として、1企画5000万円の売上

・コンサル・講座の自動化販売毎月300~600万円

・アフィリエイトで年間1000万円以上

・2年間のリスト取り特化の広告集客の修行

 

など、集客も教育も販売も、広告主側も、アフィリエイター側も、全部本気でやった僕だからこそご提供できる視点だと思っています。

僕がコンサルを辞めて時間の自由を作りながら、売上を立てられるようになったのは決して歴や才能などではなく、数字とデータから読み取れる事実に即して改善を繰り返したからです。

 

特別なことなど何も無く、あなたもご自身のビジネスを持ち、実践しているなら仕組み改善はやっているはずです。

 

その作業を「自分の手を空ける集客」に注力していけば、必ずあなたも同じように時間を空けながら売上を伸ばしていくことができます。

 

Webビジネスの世界には、お金欲しさに役に立たないノウハウを何も知らない人に売りつけて生きる人も居て、

ごく一部とは言え、そんな状況は決して健全ではないと思います。

 

過不足ない言葉で、無理のない集客が出来るスキルさえあれば目先の売上に囚われることも無くなり、商品の改良にも手が進み、

粗悪なサービスや業者も自然と淘汰されて行くはずです。

 

そうなれば夢を持ちながら働く人や、お金や時間が原因でやりたい事が出来ない人にも、「正しい選択肢」としてWebビジネスを届けることができ、

相手が幸せになることで自分も幸せになるビジネスが出来るようになると思います。

 

=QUALIA-クオリア=では、その第一歩として、あなたがビジネスに取られている時間を開放して現状を突き抜けるためのWeb集客講座になります。

=QUALIA-クオリア=では、Googleリスティング、Facebook、YouTubeのリスト取り広告運用をメインコンテンツとしてご提供しますが、これに加えて集客から販売、販売後の運営までの全体を通しての集客最適化についての考え方をお伝えします。

 

そのため、参加者のほとんどが既にビジネスで結果を出している方たちになるはずなので、マインドセット等の基礎的なことは飛ばして、「今あるビジネスを広告を使って伸ばす」ことに注力した講座になります。

 

それらに関するご要望をいただいて、参加者が最も知りたい事、共有して欲しいデータなどを優先的にコンテンツ化し配信していきます。

 

いわゆる「参加型」の講座にした理由は、僕が提供できる10年間の知識と経験を参加者に合わせて漏れなくお伝えし、全力で価値提供を行うためです。

それだけ本気でこの講座に僕の全てを詰め込むつもりです。

 

しかし、既に発信者として結果を出しているあなたの時間価値が高いことは重々承知しています。

 

ですので、手間をかけない形でご要望は募集いたします。

 

ご要望を募る際は、多くいただくであろう選択を予め入れることで回答の手間を省きますし、参加者の状況を見ながらコンテンツ候補も前もってご提案します。

 

あなたは、既にある選択肢の中からご希望のものを選び、項目が見当外れだった時に自由記入としてご回答ください。

 

全てのステップを通り、徹底的に学んできた僕だからこそ順を追った道筋が分かるので、要点を洗い出した状態でご提案しますし、

 

3か月の講座期間でほぼ全てをコンテンツ化しますので、講座が終わってから順番に消化していただいても構いません。

 

効率を求める僕自身が、「こんな講座だったら効率よく学べる」と思える講座を体現します。

レター1アートボード-1-のコピー-5