ほぼ中卒の僕がPC1台で起業。

お先真っ暗の将来を打破し、金銭的自由・時間的自由を手に入れ、女手一つで僕を育ててくれた母に親孝行として、23歳で一軒家を買うことができた方法についてお話させていただきます。

  • 社会人として一生懸命働いているけど明るい将来を見いだせない
  • 仕事に情熱を注げず、自分らしく生きている心地がしない

この記事はそんなお悩みを抱えている方のために書きました。

あなたは、

  • 毎日の通勤が苦痛で、始業前からすでに疲弊し仕事に身が入らない
  • 日々に変化がなく、人生に彩りを感じられない
  • 今の会社で将来への希望を見いだせない
  • 自分の頑張りが稼ぎや待遇に反映されない
  • 多忙や仕事の疲れから、大切な人のために時間を使うことができない

等のお悩みに心当たりはありませんか?

僕が八百屋で働いていた時の先輩がよく愚痴っていたことで、僕自身も社会人時代に抱えていた悩みでした。

体ひとつで社会に飛び出した
高校生時代

当時、僕は縛られる生活が嫌すぎて高校を中退し、通信制の高校に編入したての16歳。

母子家庭の母から出された退学の条件である

「家を出て一人暮らしをし、社会人として独立する」

という鉄の掟を守るために八百屋で働きながら通信制高校に通っていました。

行っても寝てるだけなのに、毎日行かなくてはいけない学校に縛られて過ごすのがメンドくさい。

毎日に飽き飽きしていた所で念願の自立を果たし、将来への希望にキラキラしていた僕は

ケン
ケン

社会人はみんな仕事に燃えていて、休みの日は稼いだお金で自由に遊ぶカッコイイ大人たちなんだ

という理想を持ちながら初出勤をした記憶があります。

しかし、そこで待ち受けていたのは、

  • 安い給料などの低待遇で目が濁っている
  • 仕事に絶望し、朝からネガティブな雰囲気を漂わせる
  • 人をアゴで使う嫌味な上司

など、希望で満ち溢れた僕を絶望させるのには十分すぎる光景。

入社当時から僕に目をかけてくれた優しい先輩も、年月を重ねるごとに心身ともにどんどんすり減り、まるで数年後の僕を見せられているような感覚を受けたのです。

漫画の世界でよくある「一発逆転」なんてものはないことを悟りました。

念願の給料も、家賃や食費など一通りの生活費を差し引いたら、友達とカラオケに行くのも覚悟がいるくらいの稼ぎしか残りません。

そんな僕のたまの贅沢と言えば、近くのすき屋で卵をトッピングすることくらい。

友達ともろくに遊べなくなってしまった僕は、

「生活費を自分で賄え」

という鉄の掟を課してきた母親に、逆恨みで不満をぶつけることもしばしばありました。

(自業自得ですし、今となっては「自分で考えて選択・行動すること」を教えてくれて感謝しています)

僕の思う
理想の「自由像」

突然ですが、質問をさせてください。

あなたにとって

「自由」

とはなんですか?

  • 仕事や会社に縛られず、好きに生きること
  • お金の悩みが無く、無理に働かなくて良いこと
  • 趣味や好きな仕事に没頭し、時間の全てを使えること

など、いろいろなものがあると思います。

あなたにとっての自由をお考えいただくあいだ、ちょっとだけ僕の自己紹介をさせてください。

僕・柊一刀(ヒイラギ ケン)は岩手県出身の1994年生まれで、現在都内に住み、家の近くにオフィスを借りて仕事をしています。

ですが、「夜景の綺麗なタワマンに住んで~」とか、「イケてるからオフィスを構えて~」といった理由で選んだわけではありません。単純に都内に仕事相手が多いので、移動の手間が省けるから都内に住みはじめました。

本当は、あまり体が強くなく、人混みも苦手なので、出来れば生まれ育った岩手のような空気の綺麗な場所で、大好きな猫の「おぼたろう」と一緒に暮らしたいのが本音です。

冒頭でちょっと触れましたが、僕が小さい頃から女手一つで育ててくれた母に一軒家をプレゼントしたのも、ずっと欲しがっていた母に親孝行をしたかったから。もう苦労はかけさせまい、と毎月50万円の仕送りを送っています。

また収入が増えても、ブランド物や必要以上に高い物には興味はありません。

ユニクロのジーンズが今でも一番良いものだと思っていますし、いろんなものを食べましたが、今でもすき家の牛丼は好きな食べ物の中でもトップクラスです。

質問に戻りますが、僕が思う「自由」は、

  • 仕事や暮らしに合わせて生活の拠点を選ぶ
  • 大切な家族に孝行をする
  • 好きなものを身にまとう
  • 好きなものを探す選択肢を取れる

こういった、人生の選択肢を自分の意思で持つことができる状況こそ、僕は真に自由な状態だと思います。

つまり、仕事やお金、時間、人間関係などで縛られたり、不自由を強いられることの無い状況ですね。

こんな状態のことを、あなたも自由だと思ったのではないでしょうか?

僕は今でこそ不自由を強いられることの少ない暮らしをできていますが、最初から成功していたわけでも、最初から知識・スキルがあったわけでもありません。

労働のスタート地点は
「時給650円」

どうしても学校生活を耐えられず、半ば強引に社会に飛び出した僕ですが、当時は16歳。

お世辞にも真面目とは言えない僕を雇ってくれる場所はありませんでした。

いくつも就職先を探してようやくたどり着いたのが、当時岩手県の最低賃金である時給650円の八百屋のアルバイトだったのです。

しかし、そこは日常のように怒号が飛び交う職場。

少ない時給の中、ヤンチャな先輩たちにジュースをおごらされる日々が続きましたし、働いて生活が楽になることなんて夢のまた夢でした。

「自由」を求めて社会に飛び出たはずなのに、気づけば自由とはかけ離れてしまった暮らし……

「一度レールから外れた人間は、どんどん理不尽を背負わされる運命なんだな」

と深く失望したのを覚えています。

自分を救えるのは
自分しかいない

丸腰のまま社会に飛び出し、見事に返り討ちに遭った僕。

何か戦えるスキルが無いと…と思えど、高校中退の僕には最低限の学力すらない現状。

そんな状況でも「自分で選んだ道を後悔したくない」と、八百屋のアルバイトのほかに、体力勝負の新聞の営業を始めました。

足を棒にしながら一生懸命働き、家賃や生活費を差し引いて数千円の貯金ができるようになった頃でしょうか。

ある運命的な出会いを果たすことになります。

それが転機となり、現状打破のために仕事以外の努力をするようになった結果、

「社会人はみんな仕事に燃えていて、休みの日は稼いだお金で自由に遊ぶカッコイイ大人」

という、あの日捨てた理想の大人像に近づくことができたのです。

「お金は会社で稼ぐ」
以外の選択肢を教えてくれた先輩

僕が八百屋で働いていたとき、「なんで高校中退の僕と同じ所で働いているんだろう?」というほどバリバリ仕事が出来るユカリさん(仮名)がいました。

彼女は有名な大学を出ていて、みんなから慕われている女性の先輩。

ユカリさんも困窮した現状を打破しようと、起業を目指し個人で仕入れてオークションで出品する「転売」にスキマ時間を使って、独学で挑戦されていました。

「上手く行ったらケン君にも教えるから一緒にやろっ!」

と、いつも人のために時間を使っていた姿を今でも覚えています。

僕がビジネスを始めたのも、ユカリさんがキッカケです。

当時の僕たちの給料はわずかでしたから、そのなかでどうにか逆転しようと先輩なりに考えての行動だったんだろうと思います。

しかし、仕入れから出品、梱包に発送という作業の報酬は、飲み代にも満たないくらいのわずかな利益。

朝から晩まで肉体労働をしていた先輩にとって、仕事に加えてこれだけの作業をすることは、疲れ切った表情を見るにとても大変だったと思います。

入社当時の先輩の優しい面影はもうどこにもなく、無理がきてしまったのかもしれません。2年目に突入したある日を境に、先輩とは2度と連絡がつながらなくなってしまいました。

後から知人に聞いたら、大きな金額で仕入れた際に失敗してしまい、資金が回らなくなってしまったそう……

お金だけではなく、勉強の仕方にも問題があったのかもしれません。

  • 独学ではなく、誰かにアドバイスを貰いながら実践していく
  • 「メルカリ」などサービスが充実した今、転売にチャレンジする

などの状況だったら、また違う結果だったのでしょう。

しかしこれは、「たられば」の話で済ませられることではありません。

先輩の様子を間近で見ており、しかも学歴や知識・特別なスキルも持っていない僕にとって、

ケン
ケン

どうやって、これから先の果てしなく長い人生を生きていけばいいんだろう…

と考えるきっかけとなりました。

Webスキルを学び、
個人で生きる時代へ

独力で転売に挑戦して失敗してしまった先輩でしたが、彼女は僕に

「会社に依存しない働き方の可能性」

を示してくれました。

このまま650円のアルバイトで数十年の人生を生き抜くことを受け入れられなかった僕は、お世辞にも良いとは言えない頭で、どうやればその可能性を実現できるか、必死に方法を考えるようになったのです。

ぐるぐると考えを巡らせ続け、通信制の高校でぼーっと授業を受けていたある日。

先生がしゃべっている様子を見続けていたところ、天啓のように脳内に降り注ぎました。

ケン
ケン

「先生に教えて貰えばいいじゃん!!」

勉強は学校の先生に教えてもらう。お仕事は先輩から教えてもらう。

じゃあ、個人のスキルも「既に成果を出している人から正しい方法を学べば良いのでは?」と感じたのです。

授業が終わった直後、片っ端から「副業 ネット」で調べ、どんなビジネスがこれから先の僕の人生を変えるのに最適かを研究しました。

後に年商1億を突破する
きっかけになった
「アフィリエイト」との出会い

ネットで出来る副業はいくつもあったのですが、

  • 投資ビジネス
    →少ない元手では出来ないし、大きな赤字を抱えるリスクは背負えない
  • YouTube
    →カメラを買うお金もないし、人の興味を引けるようなスキル、才能もない
  • 転売
    →商品管理や仕入れが難しい

と、スキルもお金もない自分には、敷居の高い物ばかり。

そんな中、情報を集めるために登録しまくったメールマガジンの中に、こんな文面を見つけました。

「アフィリエイト、始めてみませんか?」

アフィリエイトビジネスは知っていましたが、ろくに文章を書いたことの無かった僕は、無意識に選択肢から外していたのです。

しかし、改めて読み進めてみると

  • 簡単な文章が書ければOK
  • 月々かかる費用は、サイトの維持費の1000円ほど

という文言に、ほかのビジネスにはない「希望の光」が見えたことを覚えています。

気づけば講師の方に、アフィリエイトを始めたい!というメールを送っていました。

今でも僕の勇気になっている、
講師のひとこと

「みんな最初はスキルなんてないし、自信と一緒に身に着いていくものだよ」

あまりに不安で「本当にスキルが無いんですけど、出来るんですか…?」と講師の方に訊ねた時、返ってきた言葉です。

当時社会のすみっこで暮らしていたような僕に勇気を与えてくれた言葉で、いまも自分の芯になっています。

「それに、読書感想文とか書いたことあれば出来るよ」

この言葉がきっかけで、知識も経験も無かった僕は、体ひとつでネットビジネスの世界に飛び込むことを決意しました。

一縷の望みを託して
飛び込んだ
ネットビジネス

僕がこれからの人生を過ごしてく上で、

  • 大切な母
  • 実家で待つネコたち
  • 将来持つかもしれない家庭

を守っていくために何ができるだろう、と考えた時。

ブログアフィリエイトは、僕にとってまさに”最善手”とも呼べるような手段でした。

  1. 人を集めて
  2. 商品、サービスの紹介をして
  3. お客さんと商品を繋ぐ

はるか昔から行われている商売のシステムがネット上で、しかも個人で実現できる……!

これを学ぶことができれば、これからの人生で必ず自分の力になると確信したのです。

「思い」を武器に、
ブログビジネスに挑戦

勉強らしい勉強は中学で終わっていた僕ですが、講師にメールを送った瞬間から、ブログビジネスに没頭する日々が始まりました。

がむしゃらにアフィリエイトの教科書を読み込み、実践する毎日。

どうしてもお先真っ暗の未来を打破したい。

あの日憧れた自由を手に入れたい。

もちろん、アルバイトと起業の二足のわらじは忙しすぎて、気が飛びそうになったこともあります。

ですが、初めて自分の意思で自分のために取り組んだ勉強は、とても楽しいものでした。

「自分の未来のための努力」と思うと、どんなに疲れていても、自然と活力が湧いてきたんです。

その結果、アフィリエイトを始めてから53日で月収10万円を達成

それにかかる時間も、アルバイトで稼ぐよりもよほど短い時間の作業で叶えることができました。

そこからも右肩上がりに収益は伸びていき、23歳の頃には、母がずーっと欲しがっていた念願の一軒家をプレゼントしました。

25歳の頃には年収1億円も突破。

スキルも知識も、学歴もからっぽだった僕が

  • 「自由になりたい」
  • 「人生を変えたい」

思いだけで、ここまで来ることができたのです。

「選択肢」を選ぶ

ネットで出来る副業と言えど、今は沢山の選択肢があります。

ざっと挙げても、

  • YouTube
  • Web制作
  • 転売

などがありますね。やろうと思えば何でもできるのが、ネット社会の良さでもあります。

ただ、僕はその数ある選択肢の中でも「ブログビジネス」をオススメします。

僕はブログ以外にも、上記で挙げたビジネスの全てをしっかりと行い、何百万円単位の利益を得ていました。

だからこそ分かるのですが、ブログビジネスほど初期投資がかからず、スキル無しで出来るビジネスはありません。

恐らく、あなたがWebビジネスを始めようと考えたり、起業のアイデアを模索しているのは

「自由になるための選択肢」

であって、

「人生の全てをつぎ込むもの」

ではないと思います。

最初にお考えいただいた「自由」を果たすための手段として、

  • お金
  • 時間
  • 会社の人間関係

などの問題をクリアにするために、「Webビジネス」という手段に行きついたのではないでしょうか?

であれば、僕は間違いなく「ブログビジネス」一本に集中すべきだと断言します。

ブログビジネスは毎月の費用が1,000~2,000円もあれば実践できますし、ブログ記事へのアクセスがお金になるシステム上、いちど作ってしまえば自動販売機のように収益を出すことが可能です。

さらに、生活様式の変化により、一般の方がネットに触れる時間も増えています。検索数が大きくなっている今は、ブログビジネスに追い風が吹いている状況です。

それに「アレもコレも」と、様々なビジネスにちょっとずつ時間を割いたビジネス初心者のほとんどが、全く成果が出せずに去っていく姿をたくさん見てきました。

「Webビジネスを人生の生きがいにしたい」のではなく、「自由になる手段として、Webビジネスを行う」はずです。

やりがいは後からいくらでもついてきます。

どのビジネスもオールマイティに高いレベルでお教えできる僕だからこそ、「選択と集中」をして、目的のために一本に絞って成果を出して欲しいと思っています。

いまを変えていくために

16歳の時に家を飛び出し、迷惑ばかりかけていた母。

母子家庭でなかなか構ってもらえず、不満をぶつけては喧嘩をすることだって何度もありました。

今まで仕事のことでは認めてもらってませんでしたが、そんな母に「家を買う」という親孝行ができたことで、

初めて

  • 「ありがとう」
  • 「ここまでよく頑張ったね」
  • 「私の自慢の息子だ!」

と声をかけてもらった時、僕は「Webビジネスを頑張ってきて本当に良かった」と、心の底から思えました。

ほぼ中卒の僕でも、人生逆転ができたWebビジネスの可能性をもっともっと多くの人たちに伝えていきたい。

そして、現状を変えたい・不安を打ち破りたいと思いながらも、どうしたらいいのかわからない人のために、僕が何かできることは無いだろうか。

そう考えたとき、初心者でもわかりやすいように「徹底的に寄り添ったWebビジネスのLINE講座を作りたい!」と感じるようになったのです。

「初心者の方がつまずかない」
をモットーに

僕自身、今も10個以上のサイトを運営し、年間1000万円以上の収益をあげている現役のプレイヤーです。

だからこそお話できる、2021年最新の情報を詰め込み

「パソコン初心者でも、今から始められる?」

「ネットの知識が無くても稼げる?」

「副業を始めたいんだけど、大丈夫かな…」

「おうちで出来る副業で収入アップしたいけど、中々時間が取れない…」

など、これから副業に取り組んで収入をアップしたい!という方に向けて、全5回のLINE講座を作りました。

(期間限定の無料公開としています)

また、期間限定の特典として、この講座がきっかけで月に10万円~、年間100~500万円の収益を挙げている先輩初心者さんの

  • 実際にどのように収益が上がっていったのか
  • 本業に加え、子育てと家事もこなしながら実践した方法

などの情報をつめこんだ「対談動画」も付けました。

ご自身が収益を上げている経験をもとに、これから始める初心者の方に向けて、実践的なお話をされています。

なお、予定数に達しましたら募集は予告なく中止しますので、興味がありましたら手に取っていただければと思います。

※本コンテンツは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ご登録いただいた情報は個人情報保護の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ご登録後、いつでも解除可能です。

講座受講者の感想

なにか生活の足しになるような副業を、と思い調べてこの講座に出会い、「無料だから」と軽い気持ちで登録したのですが、思わず何度も見返してしまう内容の濃さに驚かされました。

特に、講座内でお話されていたサイト収益化の型は、生活が安定した今でも大切な学びとして、アフィリエイトの実践に活きています。

当時は来月の暮らしすら危ぶまれる状況でしたが、この講座に出会えて、心から良かったと思えています。

元々アフィリエイトの塾を受講していて、なかなか成果の出ない日々を過ごしていました。

そんな中、ふと眼に入ったこの講座では、現役でアフィリエイトを実践したり、教えている人の方法を学べると知ったことで登録しました。お金を払って学んでいたこと以上の知識を得ることができ、先日、ようやく初めての売上が上がりました!

特に「個人が行うべき戦略」については私の作業観が間違っていたと知ることができ、大きなターニングポイントになりました!

在宅の時間が増え、先行きの不安を感じていた頃。

ふと目に留まったこの講座が、これほど勉強になるとは思っていませんでした。

ネットにも疎く、よくわからなかったのですが……丁寧な解説と、「私でも出来そう!」と思えるような内容のおかげでとても勇気を貰えました。

なにか行動しなきゃ始まらない状況でも、何をしたらいいか分からない。

そんな私でしたが、この講座を拝見させていただけて本当に良かったです。

※本コンテンツは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ご登録いただいた情報は個人情報保護の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ご登録後、いつでも解除可能です。

さいごに

何もかもが初心者だった頃の自分を思い返しながら、この文章を書いていますが……

僕はとんでもない奇跡の上に立っていると思います。

恐らく、高校を辞めていなければ、当たり前のように就職していたでしょう。

嫌な先輩と出会うこともなければ、現状を脱しようと努力することも無かったのかもしれません。

副業について調べることもしませんから、今こうして記事を書くことも、実体験をお伝えして誰かの人生をお手伝いさせていただき、ありがとうと言われることも無かったと思います。

もしかしたら、あなたも昔の僕と同じように、現状から何かを変えたくてこの記事に来てくれたのかもしれません。

そんなあなたに、この講座を手に取っていただけたなら、僕もこの講座を作った甲斐があります。

ろくに学校で学びもしてこなかった僕ですが、いまは誰よりも学ぶことの大切さを知っているつもりです。

自分の人生をより良くするために学んだ経験が、今の僕を作っていると断言できます。

無料講座で学べるこの機会をチャンスととらえ、いまを変えていくために挑戦することも自由です。

もちろん、見送ることだって自由です。

もしあなたが副業を行うことで、お金や時間・生活の問題をクリアできるのならば、

ぜひこの無料LINE講座で学んでいただき、人生を変えるきっかけとしてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

筆者 柊一刀(ヒイラギ ケン)

※本コンテンツは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ご登録いただいた情報は個人情報保護の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ご登録後、いつでも解除可能です。